性行為をしてもスグに射精してしまい彼女に文句を言われてしまうと性行為に対してトラウマになってまいますよね。しかし、ダポキセチンが配合の薬があれば早漏を改善できます!ダポキセチン配合の薬は射精時間がのびるので試してみてください!

OKサインを出す男性と幸せなカップル
  • ホーム
  • ダポキセチン配合の薬の種類

ダポキセチン配合の薬の種類

話し合うカップル

早漏の改善薬として注目を集めている成分がダポキセチンですが、もともとは抗うつ剤として使われていました。
服用している男性患者が射精が遅くなったと副作用を訴えたことで、早漏改善薬として開発された経緯があります。
実は副作用によって新しい医薬品が誕生した例は数多くあります。
ED治療薬であるバイアグラ、AGA治療薬のプロペシアも代表的なそれらの医薬品です。
早漏改善薬としての種類で見てみれば、プリリジーとポゼットが代表的な医薬品になります。
プリリジーが先発医薬品になり、ポゼットがジェネリック医薬品の扱いになっています。
ただしジェネリックといっても少々異なり、特許がなかったインドの製薬会社が製造している医薬品であり、わかりやすさからジェネリック医薬品と呼ばれています。
もちろんポゼットにもプリリジーと同じようにダポキセチンが配合されており、同様の効果を期待することができます。
ただ入手するのはクリニックではできませんので、ポゼットを通販したいのであれば、個人輸入を利用する必要があります。
クリニックではプリリジーを扱っていますが、非常に高い製品です。
1日1回しか使用できず、6錠で12000円以上する製品になりますが、ジェネリック医薬品であるポゼットは10錠で3000円ほどの値段になります。
これほど価格に差がありますので、個人輸入を通して求めたくなる気持ちも生じるでしょうが、医薬品になることから初めての服用は必ずクリニックで行うことをおすすめします。
早漏によって性行為をするのが苦痛になるようなレベルになると、なかなか対処が難しくなります。
早漏が原因で性、行為自体が苦痛となりそのままEDになってしまう方も少なくありません。
そんな方は、バイアグラのジェネリックでかつダポキセチンが配合されたスーパーPフォースで解決しましょう。
ただしどれも医薬品なので、効果もあれば副作用もあることを忘れないようにすることが大切です。
ダポキセチンを含む薬の通販サイトは色々あるので信頼性があるところを選ぶと、手軽に安全に購入することが出来ます。